元ひきこもり、ADHD。生きづらさを語る。

中学3年間不登校、20代ひきこもり正社員歴なし、そして30代でADHDと診断を下された人間の日記。

生きる理由

f:id:rnakata:20190224203834j:plain

以前に描いた絵です。

 

今日は休日だったので

部屋の片づけをしていました。

片付けが終わったところで

だらだらと

2時間くらい惰眠を貪って

しまいました。

 

目が覚めると同時に

あーあ

またやっちまった、という

いつもの罪悪感に見舞われる始末。

 

予定がない日は

なるべくコンサータ

飲まないようにしているのですが

(基本、予定などありませんが)

こんな調子だと

休日も飲んだ方がいいのかもしれません。

 

通信制の大学についてですけど

志望の学校が決まってきました。

最近ブログで

過去に描いた絵を上げています

絵は、引きこもり時代から描き始めた

いわば現実逃避の一環でしたが

いまや、自分にとって唯一の趣味ではあるので

どうせなら、絵について学べる

大学に応募しようと思います。

 

色々と調べてみたのですが

通信制の大学は基本、誰でも入れるけど

明確な目標などがなければ

卒業するのはかなり難しいとのことです。

 

それにもし卒業できたとしても

仕事につながることはない、と予想しています。

 

まあ、完全に自己満足ですので

別にそれでもいいか、という感じです。

ただ働いて、食って寝るという

無為な時間を過ごすことが

何よりもキツイので

生きる理由を強制的に投与して

あげたいところです。

 

今すぐにでも

出願したいですが

ネックになるのはやはり

お金のことなんですよね。

 

ノートPCなどの物品や

スクーリングや交通費を含めると

予想よりお金がかかりそうです。

 

学費がすくない

通信制大学であっても

現在の低収入で通うのは

厳しい模様です。

最低でも数年は

いまより質素な暮らしを余儀なくされるので

予定していた引っ越しなども

先送りになるかと思われます。

 

それでも学びたいと

本当におもえるのだろうか?

自分を駆り立てる理由が

まだ少し足りない気がします。

 

出願受付まであと

1ヶ月程度はあるので

真剣に考えてみようと思います。

 

それでは