元ひきこもり、ADHD。生きづらさを語る。

中学3年間不登校、20代ひきこもり正社員歴なし、そして30代でADHDと診断を下された人間の日記。

恩義

f:id:rnakata:20190207210050j:image

以前に描いた絵です。

 

仕事終わりに

深夜まで営業しているカフェに寄り

スマホで日記を書いている。

 

そんな、なんでもないことが

ありがたく感じる。

 

引きこもっていたころは

なんとか働かずに済む方法が

あればと思っていた

働きたくないわけではなく

ケアレスミスを繰り返し

単純な作業すら

そつなくこなせない

無能な自分に

就ける仕事などないと

本気で思い込んでいた

30歳で学歴はもちろん

履歴書に書けるような職歴もなく

一体、どうすればいいのかと

毎日、頭を抱えていた

 

あの頃から

ずいぶん経った

半年仕事が続けば

良い方だったぼくが

同じところで

何年も働き続けている

今となっては働くことよりも

働けないことの方が

恐ろしいくらいだ

 

引きこもったまま

誰とも会わずに稼げる方法は

ないのだろうか?

あの頃は

そんなことを本気で考えていた

 

雇われずに個人で稼いでいる人や

ニートをしながら

ネットで稼いでいる人たちの

ブログなどを見て

自分もそうなれればと

憧れたものだ

 

だけどぼくは

仕事が嫌だったわけじゃなくて

仕事がしたくても

まともに働ける能力がないだけの

社会的弱者だった

 

なんとか

職にありついたぼくだが

最初は何度も挫けかけた

失敗の連続で

職場で泣き崩れたことや

退職させてくださいと

懇願したこともあった。

 

今、こうやって

仕事を継続して

自立できていることが

自分の力だけで

成り立っているなどと

思ってはならない

 

職場の人たちに

迷惑をかけまくり

支えられ

助けられたからこそ

こうやって

仕事の終わりに

カフェに寄り

コーヒーを飲みながら

ブログなどを

つづっていられるということを

決して忘れてはいけない

 

孤高でもなんでもない

ぼくはただの弱者であり

一人じゃどうしようもない

無能であることを

胸に刻み

今まで迷惑を掛けた人たちに

感謝していくこと

 

心の底では、いつか

自由になれる日を

夢見てるけど

 

愚痴らず
精一杯働くことだ
ぼくに出来る恩返しは
それくらいなのだから

 

卑屈にならず

悲観に明け暮れず

良いことがあろうと

なかろうと

慎ましく真摯に

やるべきことを

淡々とやっていけるように

至難ではあるけど

いつかそんな風に

生きていければと思う。

 

 

それでは