元ひきこもり、ADHD。生きづらさを語る。

中学3年間不登校、20代ひきこもり正社員歴なし、そして30代でADHDと診断を下された人間の日記。

ストラテラの副作用が早速発生した件について

ストラテラを飲み始めて3日目です。

正確にはアトモキセチンという

ストラテラジェネリックなんですけどね。

体を慣らした方がいいということで

今現在はアトモキセチン40㎎を

1日1回夕食後にお試しで服用中です。

 

ストラテラの副作用については

医師から最初に説明を受けました。

 

・吐き気

・食欲不振

・体重減少

・口の渇き

・頭痛

・心臓がどきどきする

 

などの副作用があるみたいです。

 

ネットで色々とググってみたところ

他にも創造力が失われるという

書き込みもありました。

 

で、ぼくの場合なんですけど

早速、口の渇きを感じ始めていますが

口の渇きよりも

まず最初に

 

ちんこが縮んでいました。

 

寒さによる影響などもあり得ますが

アトモキセチンを飲み始めて

翌日ごろにあらわれたので

(風呂に入ってるときに気づいた)

おそらく

その副作用かと考えております。

 

ストラテラの副作用をぐぐってみると

性欲減退などもあるみたいですね

しかしまあ、ぼくにとって

性欲なんて必要ないし(むしろ邪魔)

排尿以外にちんこを必要とすることもないので

特段、生活に影響はないかと思われます。

 

ストラテラの効果が表れるまで

1ヶ月~はかかるということなのですが

効果よりも先に副作用が

出だしているので少々不安はあります。 

1ヶ月~後もストラテラの効果が表れず

副作用だけに見舞われるという

可能性も考えられるので

ある程度の期間、服用してみて

意味がなさそうなら断薬して

コンサータに切り替えるつもりです。

 

しかし、まあなんていうんでしょうか

生きているだけで罰ゲームというかね

こんな脳を持ってしまったがために

無能、社会的孤立、貧困、と

様々な困難をもたらされて

結果、心療内科に通い

服薬せざるを得ない状況になっているわけで

つくづく、呪われた人生だと思っています。

 

どれだけあがいても

周りからは努力だとは認められず

憐れみを持たれ

それでも、必死に生きてきましたが

最終的には自殺したいですね。

 

今は死ぬ気ないですけども。

最期にキッチリと

自分の命を断てるのかが

心配といえば心配。

 

この欠陥脳が

自分の手で人生を終わらせたいという

決意すら忘れてしまいそうで

 

せめて、それだけは忘れないように

生きていきたいですね。

 

ネガティブな意味ではなく

メメントモリってやつですよ

今まで散々辛苦を舐めつくした

ぼくにとっては

死だけが最期の希望です。

死ぬことを考えた時だけ

安らかな気分になれます。

真の意味で救われるまで

まだ足掻きますけどね。

今も尚、ぼくは活かしてくれるのは

怨念だと思っています。

 

物騒なこと書いてますけど

通り魔とかは起こさないので

ご安心ください

ぼくは、ぼくを殺すことだけが

自分の使命だと思っています。

 

それでは。