元ひきこもり、ADHD。生きづらさを語る。

中学3年間不登校、20代ひきこもり正社員歴なし、そして30代でADHDと診断を下された人間の日記。

無能という呪い

仕事中

他の人たちが和気あいあいとしているなか

ぼくは黙々と作業に取り組む

傍から見ると、ノリが悪いとか

接しづらいだとか

暗いだとか思われているのだろう

 

頭の中では

輪の中に入っている自分を想像する

軽いジョークを言い合いながら

”まとも”な人間関係を構築する自分

だけど、そんな自分は存在しない

決してメンタルが強いわけではない

孤独が好きなわけでもない

心の中では惨めさが充満している

 

ぼくは

雑談をすると作業に集中できず

ミスってしまう

致命的な欠陥を抱えている

他の人のように

マルチタスクで2つのことを

同時並行でやることが出来ないし

短期記憶力も低いため

他の人と喋っている余裕などはない

 

だから

仕事中は仕事に集中するようにしている

そうでないと

まともに社会生活を営むことが出来ないのだ。

 

不器用ながら黙々と働いて

最低限の仕事がこなせるようになった時にはもう

絡みにくいやつ

というポジションが確立して

身動きが取れなくなる。

 

だけど仕方がない

今さら自分からジョークを言うのも変だし

相手もびっくりするだろう

ぼくは今までの役割を演じていればいいのだ

孤独が好きな

独りを気取った人間をやっていればいい

 

それが無能に課せられた

呪いなのだとしたら

ずいぶんと、重い罪を背負わされたものだ。

ただ、この世に生まれただけなのに。

 

ぼくはまだ人生を終わらせる気はなくて

これからも生きていこうと思う。

今は自分の出来ることを

粛々とやっていくのみであり

その結果どうなるかはわからないけど

いま、この瞬間にすべてを賭ける。

大げさだけど、そんな風に

一日一日を大切に生きて行ければ

きっといつかは安らかに

人生を終わらせることができるのかも

しれない。

 

そんな日を夢見てる。