元ひきこもり、ADHD。生きづらさを語る。

中学3年間不登校、20代ひきこもり正社員歴なし、そして30代でADHDと診断を下された人間の日記。

人生を矯正するための自戒メモ

自宅を快適にしない

自宅が快適だと

外に出たくなくなるので注意が必要

不快にする必要はないが

ある程度、外に出ても不愉快さを感じないよう

自宅を不便にする。

例えば、寒くても暖房を控えるなどすれば

外に出て、どこか店にでも入った方がマシだという

環境を意図的に構築できる。

 

テレビを捨てる

バラエティ番組などから

流れてくる心無い一言などに

勝手に傷つく恐れがある

見たい番組はその都度

ネットで観ればよいし

大抵上がってる。

 

Twitterをやらない

Twitter

いいねやリツイートなど

承認欲が刺激されやすく中毒になる恐れがあるので注意。

Facebookも同じかもしれないがやったことがない)

特に、ダメ人間界隈、病み界隈は

居心地が良すぎるので余計に病むしダメになる。

自制できるのなら構わないが

自制心がない自覚があるなら

いっそのことアカウントを消した方がよい

(ぼくは消しました。)

消した場合、しばらく禁断症状が続くので

ほとぼりが冷めるまで耐えること

 

ライフハックは必要ない

無能な人間の場合

方法論を知ったところで習得できないし

むしろその知識が邪魔になるので注意が必要。

たとえば、断捨離をしようと思った時

断捨離について書かれた本を読む必要はない。

それはただの先延ばしである。

断捨離をしたいのなら、まずやるべきことは

今すぐにゴミ袋に要らないものを詰め込むか

オークションで売るか

大型ごみの処分を市町村に依頼するべきであって

余計な情報や方法論を詰め込まない方がいい

混乱するだけである。

 

効率を意識しない

無能な人間は効率を意識しなくていい

ライフハックと同じで、効率的な方法を知るだけ無駄。

もし勉強したいと思い立ったのなら

今すぐに目的の本を読むか、書くかすればいいだけ

たとえば、漢字や英単語を覚えたいとき

ノートに何回も書いたりすることを

非効率的であったとしても、気にしなくてよい

無能な人間には無能な人間のやり方を通した方がいい。

無能な人間は有能な人間のやり方をマネできないと割り切るべし。

愚直に、馬鹿正直にやった方が結局近道。

特に苦労せずに世の中を上手く立ち回ってる

有能バカ(皮肉)の余計な情報に踊らされないこと

 

運動、ストレッチをする

これも、効率とか意識しないで良い

とにかくやればよい、それだけ

それ以上の得策はなし

運動やストレッチに書かれた本とか必要ないんで

やれ

 

人間が変わるのに数年はかかる

数年かかってようやく

ちょっと成長したかもな

と感じる程度なので拙速にならないこと

すぐに結果が出なくて当たり前

しかし、見える景色は着実に違ってくる

全く働けなかった、働きたくなかったひきこもりから

今現在、労働者として毎日働いている経験から

言えることだが、人間は変わろうと思えば変わります。

ぼくの場合、性根を叩きなおすまで3~5年はかかった。

もちろん、変わらないこと、変えられないこともあるが。

 

孤独は攻守最強の生存戦略である

孤独で寂しい、孤独は惨めだ

と思ってしまうのは仕方がない。

しかし

恋人や家族など、人間関係によって動くに動けず

雁字搦めになっているよりは

孤独の方が動きやすいし

精神的に安定する。

自由すぎて何から手を付けて良いのかわからないくらいに

気楽であるのが孤独の圧倒的な利点であり欠点。

寂しさや惨めさといった欠点を補うに

余りある選択肢の広さに刮目すべきである。

君は誰よりも自由だ!

 

まず目の前のことをやれ

これは前の投稿でも書いたけど

目標を掲げる前に

目の前のやるべきことをやったほうがいい。

洗濯物を畳み、掃除し、飯を食い、歯を磨く

そして寝る

そのうえで、何をやりたいのかを考えればよいのであって

目の前のことをできもしない状態から

しょうもない妄想をしないほうがいい。

日常が乱れ、精神が乱れ始めた時はまず

この大原則に立ち返るべき

 

絶望は心地が良い地獄である

これはTwitterをやめた方がいい、という件と被るけど

絶望、自虐、自己嫌悪、といったネガティブな言動を

日常的に発しすぎると

そこから戻れなくなる恐れがある。

インターネットはネガティブな

言動が受け入れられやすい場所(ワナ)が

ところどころにあるので

うっかりハマって、そこの住民にならないように注意しましょう。

 

以上、追記したい事項があればまた

更新したいと思います。

 

それでは